住宅ローン事前審査に必要な書類


住宅ローン事前審査必要書類は各金融機関によって微妙に異なります。

具体例を挙げておくので、参考にしてみて下さい。

 


中国銀行

 


--引用ここから--

 


・住宅ローン事前審査申込書

・個人情報・個人信用情報の利用に関する同意書 (*1)

・団体信用生命保険申込書兼告知書

・運転免許証[写]

・健康保険証[写]

・前年度所得の確認できる書類 (*2)

・工事請負契約書[写](見積書[写]でも可)

・既存建物の工事請負契約書[写]

・不動産売買契約書[写]など

・取引の内容を確認できるもの

・既存物件の不動産売買契約書

・【重要事項説明書付】[写]

・諸費用の資金使途確認資料

・住宅地図[写]

・既往住宅借入金の現在残高、返済状況が確認できる資料 (*3)

 


(*1)連帯保証人、担保提供者となる方について必要となります。

(*2)1.給与所得者の方…公的機関の発行する所得証明書または源泉徴収票

2.自営業者の方…確定申告書[写]2期分

3.会社役員の方…上記1の書類と、役員を務められている会社の直近の決算書[写]2期分

(*3)既往住宅借入金がある場合のみ必要となります。

※物件所在地によっては、固定資産税評価証明書が必要となります。

 

※上記は一般的なケースです。その他書類をお願いすることもあります。

 


--引用ここまで--

 


今回、住宅ローンの事前審査の必要書類について調べていて分かったことは、

そもそも事前審査という制度がない住宅ローンが多いということ。

そして、事前審査がある場合でも、

正式審査並に必要書類を揃えさせるものもあれば、

事前審査申込書1枚で済ませるところもあるということです。

もっと言えば、書類どころか、ネットでの情報入力だけで簡易審査を行うところもあります。

 


各人のケースによってどの形式が適しているかは異なってきますが、

都市銀行から地銀、JA、ろうきん、信用金庫など

今では非常に多くの金融機関が住宅ローンを扱っているので、

自分の収入や勤務形態、マイホーム計画にあった事前審査体制を採っている

金融機関の住宅ローンを利用することがポイントになってきます。

 


比較的大きな会社に勤めていて、勤続年数も長くて、他の借入がとくにない方なら、

簡単な事前審査でも大丈夫だと思いますが、

私のように社会の底辺を彷徨っているような信用力の低い人間は、

必要書類がたくさんあるような、念入りな事前審査を行ってもらった方が、

いざ住宅ローンの実行となった時に、「やっぱりあんたには融資できないよ」

と言われる危険性が低くなると思うのですが・・・。

 


必要書類が少ないなど、手続きが簡単であれば良いという問題でもないということだけ、

理解しておいてほしいと思います。

 

管理人がおまとめローン利用中でも審査に通ったのはコレのおかげです。
⇒ 元・都市銀行住宅ローン融資担当者 中山恵理子さんのノウハウ

 

ちゃんと比較&しっかり審査落ち対策!
⇒ 一度の入力で複数金融機関へ住宅ローン審査申込

 




【必読記事】住宅ローンの本審査を通過しました!

住宅ローン審査通過万歳!

ついに!住宅ローンの本審査に通過し、念願のマイホームを手に入れました! おまとめローンを使っていたり、勤続年数が短い等・・・経済力・信用力が強くない私でも、審査を通った理由とは?体験談を交えながら、分析&ご報告させて頂きます。

>> この記事を読む

TOPへ